ロゴ

シャッターの交換が増加中~電動化のメリットをチェック~

暮らしの安全性を保つ為に必要不可欠

シャッターは金属製が多いため、付いたホコリや砂などそのままにしているとサビや腐食が進行してしまいます。週に1回程度は、メンテナンスとして柔らかい布で乾拭きをしながら、ホコリや砂などの汚れを落とします。雨が降ったあと泥が付いているときには、固く絞った雑巾で泥を落とします。溝や戸袋などに入り込んでしまったゴミは、常に取っておくと詰まることがなくなります。

電動化は便利!シャッターの交換は修理業者に依頼しよう

住宅

シャッターの電動化が進む現代

高齢化が進むにつれて、シャッターの上げ下げが困難な人も増えてきたことから、シャッターを電動化する人が増えています。総取り替えしなくても、現状ある手動のシャッターボックスにモーターをつけると、電動シャッターに変えることができます。総取り替えよりもコストを大幅に削減することができます。作業が終了した後から、リモコンでシャッターの上げ下げをすることができます。

電動シャッターにする最大のメリット

高齢者の場合にはシャッターの上げ下げだけでも重労働となります。手動式のシャッターを上げ下げしているときに、手を離してしまったらケガを負ってしまう可能性もあります。万が一のトラブルにならないためにも、シャッターを電動化に変更することがおすすめです。すでに手動シャッターがある場合には、すぐに電動のシャッターに変えることができ、費用も安く抑えることができます。

時には不調が起こることもある

いつも動いていたシャッターが不調になることもあります。開閉部分の動きが悪くなってきたり、変形していたりと気になることが起きたら不調のサインと判断できます。すぐに点検依頼をすると、突然の故障を未然に防ぐことができます。シャッターが故障してしまうと、日の光が入ってこなかったり、車のガレージに使っている場合には車が出せなくなってしまったりとトラブルに繋がってしまいます。

修理は専門業者に任せるのが一番

電子式シャッターの場合には、手動と違って操作がしやすく、簡単に開閉することができるため高齢者でも使用しやすいです。しかし、センサーに異常が発生した場合など、故障した場合には動かすことができません。故障してしまい、開いた状態にしておくと、急に落ちてくるなどの事故に発展してしまう可能性があります。専門性が高い電子式シャッターは素人が直すよりも、専門業者に依頼した方が確実で早く修理を行うことができます。

修理に出す際の疑問は早急に解決しよう!

シャッターのメーカーがわからない場合は?

業者によっては、さまざまなメーカーのシャッター修理を行っているため、メーカーがわからなくても対応が可能です。修理をするときにも、パーツは各社用意されているため、メーカーがわからなくても現地調査の際に確認するので大丈夫です。

シャッターの寿命はどれぐらい?

シャッターの寿命は、使い方やメーカー、種類にも関係してきます。手動シャッターの場合には10年程度、電動シャッターの場合には20年程度です。自分でメンテナンスを行うか行わないかでも寿命はかわってきます。

故障を放置していると事故が起こる危険も考えられる

シャッターが故障しても、しばらく使わないから大丈夫と放置していると、思わぬ事故に繋がる可能性があります。故障かどうか判断するには、異音などのサインが出ていないか確かめましょう。また、開閉ができない場合や、動きがおかしいなど明らかな故障の場合には、点検・修理依頼をし早急に解消させます。

通常のシャッターと電動シャッターを徹底比較

通常のシャッターはコストを抑えることができる

手動のシャッターの最大のメリットは設置費用や修理費用を抑えることができる点です。自力で毎回開閉作業を行う必要があるため負担がかかりますが、自動の場合には開くシャッターの開閉スピードはゆっくりです。急いでいるときには、自分でスピードを調節できるため手動シャッターの方が早めに開閉することができます。

電動シャッターは日々を快適に過ごせる

電動シャッターは設置コストがかかりますが、毎日の作業の負担をかけずに手間なくシャッターの開閉をすることができます。外部からの防犯対策として役立ち、天候が悪いときにも自動でシャッターの開閉ができるため、濡れる心配や寒さを感じることなく快適です。ただし、日常的に整備を行う手間は掛かります。

[PR]シャッターなら電動化が便利
専門家に相談しよう

[PR]シャッター修理は業者へ
閉まりにくさを改善!

[PR]外壁塗装はオンテックスにお任せ!
家の外観を一新♪

[PR]オンテックスに外壁塗装を頼もう
家の雰囲気を一新☆

広告募集中